脇指 備州長船助平
時代 古刀(室町時代後期) 備前 刀身ランクB(錆あり)
鑑定 未審査 
付属品 白鞘 付属品ランクB
寸法 長さ44.0㎝ 反り1.3㎝ 元幅2.98cm 元重ね0.68cm 先幅2.05cm 先重ね0.46cm 重さ412g
形状 鎬造、庵棟、身幅やや広く、重ね厚く、中切先。
杢目に流れ肌交じり、肌立つ。
刃文 小丁子に小互の目交る。
帽子 乱れ込み。
うぶ、鑢目浅い勝手下り、先栗尻。
はばき 赤銅一重。
説明 助平を名乗る刀工は古備前、福岡一文字などに見受けられます。鞘書があり永徳の助平と書かれていますが、南北朝時代後期の永徳まで遡れる作ではありません。製作年代は室町後期の末物が妥当と推測される脇指です。好意に見ればそれらの刀工の末裔とも考えられますが銘鑑に記載がなく偽銘が前提とご紹介させて頂きます。古研ぎ錆があります。
価格40,000円

 

脇指 備州長船助平 \40,000-


ご質問はこちらから ご注文はこちらから ご注文方法 お支払い方法

カタログへ戻る トップページ


刀剣 象山堂

〒231-0859 神奈川県横浜市中区大平町20

電話090-6167-6633 FAX045-661-0431

info@shouzando.com

神奈川県公安委員会許可 第451320000492号