委託品 脇指 伯耆守藤原汎隆 越前住
時代 新刀(江戸時代前期)越前 刀身ランクA
鑑定 特別保存刀剣鑑定書
付属品 白鞘付 付属品ランクA
寸法 長さ45.4㎝ 反り1.3㎝ 元幅2.9cm 元重ね0.67cm 先幅2.15cm 先重ね0.47cm 重さ412g
形状 鎬造、庵棟、身幅広く、元先の幅差目立たず、重ねやや厚く、反り頃合いにつき、中切先。
板目肌よくつみ、鎬地柾目肌やや肌立ち、地沸つき、鉄色黒みを帯びる。
刃文 のたれに互の目交じり、匂深く、足よく入り、細かに金筋入り、砂流しかかる。
帽子 直ぐに入り小丸に返る。
うぶ、鑢目筋違、先剣形。
はばき 銀着せ一重。
説明  汎隆(ひろたか)(ぼんりゅう)は江戸時代前期の明暦頃に活躍した越前鍛冶を代表する刀工の一人です。道本兼植あたりの門人であろうと推測されています。切れ味に定評があり業物に指定されています。入念な造りと思われる作品が多く、注文の多い刀工であったと云われています。本作はゆったりとした小沸出来で焼きの高い互の目を焼いています。やや鎬地が肌立っていますが実際はあまり気にならないかと思います。
価格300,000円

 

委託品 脇指 伯耆守藤原汎隆 越前住 \300,000-


ご質問はこちらから ご注文はこちらから ご注文方法 お支払い方法

カタログへ戻る トップページ


刀剣 象山堂

〒231-0859 神奈川県横浜市中区大平町20

電話090-6167-6633 FAX045-661-0431

info@shouzando.com

神奈川県公安委員会許可 第451320000492号