委託品 太刀 武蔵国住吉原国家作 電光影裡斬春風 昭和五十八年八月吉日
時代 現代刀 東京 刀身ランクA
鑑定 無鑑査刀匠
付属品 白鞘 付属品Aランク
寸法 長さ73.9㎝ 反り2.3㎝ 元幅3.44cm 元重ね0.78cm 先幅2.5cm 先重ね0.6cm 重さ855g
形状 鎬造、庵棟、身幅広く、元先の幅差少なく、重ね厚く、反り深くつき、中切先。
板目肌よくつみ、地沸よくつき、地景入り、映り立つ。
刃文 焼幅の広い丁子刃を焼き、匂深く、匂勝ちに小沸ついて、足・葉盛んに入って、匂口明るく冴える。
帽子 乱れ込んで返る。
彫物 表裏に棒樋を掻き流す。
うぶ、鑢目筋違、先栗尻。
はばき 金着せ二重。
説明

吉原国家(荘二)は昭和二十年生まれ、東京都葛飾区住。吉原義人刀匠の弟で無監査刀匠です。祖父である初代国家に兄の義人と共に入門して技をを学び、昭和四十一年の新作刀展に初出品して以来、兄弟揃って活躍、多くの賞を受賞し栄誉を得て昭和五十七年に無鑑査刀匠になっています。伊勢神宮の御神宝太刀の製作もするなど現代を代表する名工の一人です。

本作は得意とする備前福岡一文字の華やかな丁子刃を焼き上げて成功しており、無監査刀匠になった頃の作で力強さにあふれた一振りとなっています。「電光影裡斬春風」とは詳細は割愛しますが、人生は短いが悟りを得た者の存在や魂は不滅であるという意味になります。

価格1,200,000円

 

委託品 太刀 武蔵国住吉原国家作 電光影裡斬春風 昭和五十八年八月吉日 \1,200,000-


ご質問はこちらから ご注文はこちらから ご注文方法 お支払い方法

カタログへ戻る トップページ


刀剣 象山堂

〒231-0859 神奈川県横浜市中区大平町20

電話090-6167-6633 FAX045-661-0431

info@shouzando.com

神奈川県公安委員会許可 第451320000492号