刀 無銘(古三原)
時代 古刀(鎌倉時代末期~南北朝時代)備後 刀身ランクA
鑑定 第三十一回重要刀剣指定 
付属品 黒笛巻塗鞘打刀拵 白鞘 付属品Aランク
寸法 長さ69.5㎝ 反り1.8㎝ 元幅3.05cm 元重ね0.68cm 先幅2.24cm 先重ね0.55cm 重さ670g
形状 鎬造、庵棟、身幅やや広く、反り浅めにつき、中切先のびごころ。
板目に小杢交じり、刃寄りに柾気あり、総じてやや肌立ち、地沸つき、地景入る。
刃文 細直刃、僅かにほつれ、小互の目・小足入り、匂口締まって小沸つく。
帽子 少しく乱れて小丸に浅く返る。
彫物 表裏に棒樋を掻き流す。
大磨上げ、先切り、鑢目切り。
はばき 金着二重。
説明 古三原とは鎌倉末期から南北朝にかけて備後三原の地に栄えた一派で、正家・正広らがよく知られ、子孫は室町末期に及んでいる。この地には大和の諸大寺の荘園があったことからかその作風は大和物の影響があらわれており、そこが古三原の見どころとなっている。この刀は鎬幅が広めの造り込みであり、地に柾気があり、細直刃が僅かにほつれ、浅く小丸に返る帽子などに大和気質が窺われ、古三原のもつ渋い味わいを示している。
価格2,500,000円

 

第三十一回重要刀剣指定 刀 無銘(古三原) \2,500,000-


ご質問はこちらから ご注文はこちらから ご注文方法 お支払い方法

カタログへ戻る トップページ


刀剣 象山堂

〒231-0859 神奈川県横浜市中区大平町20

電話090-6167-6633 FAX045-661-0431

info@shouzando.com

神奈川県公安委員会許可 第451320000492号